• カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • カレンダー

    2017年11月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • お知らせ

    移転のお知らせ

    ご受講の皆さまへ
    弊校は下記住所へ移転いたしました。
    ​レッスンに来られる方は、新所在地へお越しください。
    よろしくお願い申し上げます。
    IIC国際コミュニケーション・インスティテュート
    新所在地:
    530-0001 大阪市北区梅田1-1-3 ​大阪駅前第3ビル5
    Tel: 06-6123-7654
    低層階エレベーターで5階10号室へお越しください。
    エレベーターを出て、南へお進みください。
    左へ曲がると一番奥が10号室になります。​​)
    Exam

    【The University of London Exam Entry 2017】

    当センター(IIC)にて本年度行われる期末試験の概要は以下の通りとなっております。
    ご確認いただき、ご不明な点がおありでしたら、当センターまでご連絡ください。

    Eメール(exam@coaching-english.jp) 電話(06-4308-5709)

    To University of London students:

    Thank you very much for your inquiry about the 2017 University of London Summer examinations.

    As your college might have notified you, the entry process had been changed to “online” entry system.
    Not all of the colleges, such as Imperial College or SOAS, follow this procedure.
    If you are not sure which process (online or traditional entry process) to take, please confirm with your college before you  process your entry at this time.

    The online entry system (For Most Colleges), please follow the procedure below:

    • 1) Download entry sheet from “My Account” section of your University of London portal webpage.
      Make a copy for yourself and submit to IIC for our records.Also, please fill in and submit the “Condition for Administration of Examinations”  below 2017 Summer-conditions-for-administration-of-examinations-osaka-uol     (Click here!)
    • 2) Please pay the administration fee to test center.
      According to the number of papers you are sitting.
        (Please refer to the first page of “Condition for Administration of Examinations”)
      Deadline for entry form and payment is on 25th January, 2017.  Please organize the documents and make a deposit prior to this date.
    • 3) As soon as we check your entry form and deposit.  We will issue you a “Validation Code”.
      For those who have sat the examination at our site before;
      Please note not only the timing for administration fee payment, but IIC will issue you a Validation Code and you need to go back and finish your entry online.
      Please take note and be careful with the change.
      Reference:

           http://www.londoninternational.ac.uk/community-support-resources/current-students/examinations/examination-entry

    For the traditional application process, please follow the procedure below:

    • 1) Please fill out an entry form together with the test center form 2017 Summer-conditions-for-administration-of-examinations-osaka-uol and send it to us at exam@coaching-english.jp.
    • 2) By 25th January, 2017, please deposit the test center fee to the bank account shown in the test center form.
    • 3) The test center will send your entry form to the University of London, and will give you a confirmation after we receive the confirmation from the university.

    If there is anything unclear, please don’t hesitate to contact us.

    Email (exam@coaching-english.jp) Tell (+81(0)-6-4308-5709)

    Best Regards – IIC Exam Team

    Venue

    Institute for International Communication (IIC)
    Kyotomi Bldg. 8th floor, 1-3-16 Sonezakishinchi, Kita-ku, Osaka 530-0002 Japan

    Access

    From Osaka Station (JR) 6min. on foot.
    From Kitashinchi Station (JR) 1min. on foot.
    From Umeda Station (Hanshin Line) 4min. on foot.
    From Nishiumeda Station (Yotsubashi Line) 1min. on foot.

    You will find “Saint Marc Cafe” on the 1st floor on the building.
    C-60 is the nearest exit from DOTICA.

    Exam

    IIC レポート

    【藤村が海外の学会で発表!!(総て英語です。)】

    弊校の藤村が「大阪大学国際共同研究促進プログラム」からの研究員として、海外の学会でプレゼンター、パネリストとして登壇します。プレゼン・パネルディスカッションは総て英語です。

    2017年1月 ハワイ   Japan Studies Association

    2017年3月 トロント Association for Asian Studies(この分野の学会としては最大規模)

    英語で何か異分野のことをするため、日頃より努力を重ねてきた藤村ですが、めでたくプレゼンターとして参加することが決まり、スタッフ一同喜んでいます。日々の研究が認められた結果です。

    発表の内容等はまた後日。

    1藤村ICAS9.JPG2IMG_0779(こちらは過去の写真です… まだしていません。)

     

    お知らせ

    【12月17日 Christmas Partyのご案内】

    IICでは皆様に素敵なクリスマスパーティーをお届けします。外国人講師とのフリートークをクラシカルな空間と陽気な音楽の中でお楽しみ下さい。 ご参加された方全員に素敵なプレゼントを用意しております。 皆様のご参加をお待ちしております!! 詳細・お申込みは下記をご参照下さい。

    IIC レポート

    【IICのレベル判定基準2-CEFRの実例】

    ICのレベル判定基準-CEFRは、英検、IELTSなどで使用されており、こちらで実際のパフォーマンス(B1~C1レベル)をご覧いただけます! 
    http://www.eiken.or.jp/speakingtest/

    IIC レポート

    【10/15 IIC Networking Party 開催しました!!】

    IIC では10月15日に「IIC Networking Party(ミニ「英語で交流」セミナー付)を開催しました。

    party1-3    party2

    Cupido 講師のミニ・セミナーが行われ、Socializing とは何か、Networking とは何か、どうして必要か、という事からプレゼンが始まり、乾杯の仕方等、実演を交えながらのセミナーでした。参加者の方は皆様、異業種の方との交流を楽しんで頂けたようです。

    IICは更に次回のパーティーを企画中です。こんなパーティーをして欲しい、こんなセミナーを受けてみたい、などご希望がありましたら是非、皆様のお声をお聞かせ下さい。お待ちしております!!

     

    IIC レポート

    【コーヒー無料提供期間延長!!!】

    先日より、期間限定で無料とさせていただいておりました、コーヒーサービスですが、好評につき、受講生の皆様は、引き続き、無料で本格的なコーヒーをお飲み頂けることになりました。

    一番人気は、「LUNGO MILD」です。その次が「LUNGO」でMILD より少し濃いタイプになります。是非一度お試し下さい。

    コーヒーの香りと共に英語のレッスンをお楽しみください!

    img_8121img_7398img_7392

    IIC レポート

    【IIC の英語レベル判定基準-CEFR】

     

    【IIC の英語レベル判定基準-CEFR】

     IICでは、レベルチェックの指標をCommon European Framework of References (通称:CEFRまたはCEF)というものを用いています。最近NHKの英語教材指標にも使われるようになったのでご存知の方も多いかもしれませんね。このCEFR、20年ものリサーチを行って仕上げた努力の結晶で、英語教育がご専門の先生だったら、知らない人はいないと言うくらい知れ渡っている指標です。日本では英語力判定基準としてTOEICや英検などが有名ですが、世界的には、このCEFRは、結構なすぐれものとして各国の機関で運用が進んでいます。

    IICではこのCEFR指標を書いたCambridge University Press発刊のThe Common European Framework of Reference for Languages に書かれているレベル判定を基準にレベル判定を行い、この基準を熟知した先生が、「次のレベル」に達するにはどうしたらよいかを一人一人練って指導にあたっています。一人一人異なる皆様の学習習慣や知識度、専門性、忙しさの状態に合わせて指導方針を考えるのが、ポイントなんですね。

    またコースを終わられて次の段階にいく過程で、希望者の方は、レベルチェックを「担任の先生」以外の先生から受けて、中立にレベル判定を行えるのもIICの特長です。ご自身の「今」の状態を確認しながら、次のステップへ進むことができるんです。とかく「どれだけ上達したか分からなくなりがちの英語スピーキング学習」ですが、テストを受けていただくことによって、客観的にご自身の能力を分析いただくことができ、新たなモチベーションに繋がります。

     CEFR, 皆さんもこの基準に沿って英語学習をしてみませんか? できればIIC で。

    CEFRサイト
    http://www.coe.int/t/dg4/linguistic/Source/Framework_EN.pdf

      shutterstock_151623638

    Exam

    IIC とThe University of Londonの関わり

    IICと関わりの深いThe University of Londonは1Xのカレッジと9の研究機関を持つ、イギリスのトップ大学です。中でもThe London School of Hygiene and Tropical Medicine、 The Royal Academy of Music やSOAS, University of Londonはその分野では世界的に有名な学校で各界の著名人を輩出しています。IICは近畿・東海・四国エリアでThe University of Londonと提携して、これらカレッジの学期末試験を運営しています。毎年春~夏にかけて行われるこの試験は、全て英語で、かなり高度な論述試験です。

     IICでは、試験運営を行うだけではなく、University of Londonでも通用するような海外大学入学に必要な英語能力向上対策を行っています。詳細は下記をご覧下さい。

    http://coaching-english.jp

       800px-founders_building_royal_holloway_south_quad3a1f18bc5b3e1c1b932572b02f202959_400x40014370309_341401702867774_3495433067290698198_n

     

    IIC レポート

    【代表の藤村、英語を使って奮闘中!?】

    皆様が本業の傍ら英語を勉強されるのをみて感化されたのがきっかけで始めた藤村の学習も、はや2年が経ちました。現在は、授業を受けることはあまりなくなりましたが、優しくてタフな教授陣に英語論文の指導を受けつつ、主に海外や英語教育の研究会で発表をしながら英語で執筆を続けています。皆さんにとって英語が異分野であるように、藤村も異分野での挑戦でしたが、やっと最近少しずつ出版できそうな雰囲気になってきました。

    今年は論文投稿と来年の海外発表の準備で追われています。その発表の一つが、カナダ・トロントで行われるAssociation for Asian Studiesと言う、その分野では世界最大と言われる学会です。北海道、仙台、そしてコロラドの先生と発表をしつつ、パネルディスカッションをすべて英語で行います。もちろん、レセプション(交流会)での会話やディスカッションなども総て英語です。また結果は報告しますので、乞うご期待!

    IICでは、海外でプレゼンや学会発表をされる方、論文執筆、複雑なレポートを書かれるビジネスパーソンの方向けに英文ライティングも提供しています。指導するだけでなく、現役パフォーマー(芸人?)藤村や他の現役パフォーマーの講師陣から学んでみませんか?

    アカデミック英語/専門英語コース 
    http://coaching-english.jp/individual_coaching/#academic

    ビジネス英語コースhttp://coaching-english.jp/individual_coaching/#businessIMG_0779